無理せず食べて痩せるダイエット方法とは

MENU

低インスリンダイエットの仕組みとは

食事を摂ると、私たちの体は炭水化物を分解・吸収して血液中にブドウ糖が増えるようになります。

 

 

このブドウ糖が増えた状態を、血糖値の上昇と言います。

 

 

ウォーキング,血糖値,ダイエット,食事,GI値

この状態となると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されて、ブドウ糖をエネルギーに換えて血糖値を低下させます。

 

 

しかし、問題はココです。

 

 

食事の取り過ぎや運動不足により、換えられたエネルギーが消化しきれない場合、

 

 

 

余った分を万が一の場合に備えて中性脂肪に換えて体内に蓄えてしまうのです。

 

 

 

つまり、血糖量が多いほどインスリンの分泌も増えて、ドンドンエネルギーを作り出し、ドンドン中性脂肪に換えてしまうため、

 

 

結果として肥満となってしまうのです。

 

 

 

では、どうすれば良いか?

 

 

 

というと、血糖値を上げること無く、低インスリンの状態を保つ事が出来れば、

 

 

肥満となる中性脂肪を生み出さずに済むと結論を出すことが出来ます。

 

 

これが低インスリンダイエットの仕組みとなります。